保育士が教える読み聞かせのコツ「どうぞのいす」作:香山美子/絵:柿本幸造(ひさかたチャイルド)【絵本】

保育士が教える読み聞かせのコツ「どうぞのいす」作:香山美子/絵:柿本幸造(ひさかたチャイルド)【絵本】
「どうぞのいす」
作: 香山 美子
絵: 柿本 幸造
出版社: ひさかたチャイルド
発行日: 1981年11月

「どうぞのいす」あらすじ
うさぎさんが作った椅子をめぐって次々に繰りひろげられる取りかえっこ。「どうぞ」にこめられたやさしさが伝わってくるロングセラー絵本。

ひさかたチャイルド公式サイトより

うさぎさんが作った椅子「どうぞのいす」にもりの動物たちがやってきて…
「どうぞのいす」は小学校1年生の国語課題としても取り上げられたことがあるお話。
お話として聞いたことのある物事に対して、子ども達の興味は絶大です。
たくさんの読み聞かせが子ども達の語彙を増やし、情緒を育むので、しっかり読み聞かせていきましょう。

初めに「どうぞのいす」にやってきたろばさん


まず最初にやってきたのは「ろばさん」
どんぐりをかごにいっぱい拾って家に帰る途中「どうぞのいす」を見つけました。
疲れていたので、どんぐりの入ったかごを椅子の上に置いて、ろばさんは木の下でお昼寝をしてしまいました。

この絵本の場面では、ろばさんが気持ちよさそうに眠っています。
「いいきもち」というフレーズも繰り返し出てくるので、ゆったりとした口調で読み聞かせしたいですね。

PR

「どうぞのいす」に置かれたどんぐりの運命は…?


すっかりすやすや眠ってしまったろばさん。
ページをめくると次にやってきたのは「くまさん」です。
くまさんは椅子の上に置いてあるどんぐりを見つけると「どうぞならばえんりょなくいただきましょう」とどんぐりを全部食べてしまいます。


子ども達に向けて「あらあら、どうしましょう。」と読み手が言葉をかけると、子ども達も一緒に「困った。」「どうしよう。」と心配そう。
ですが、くまさんはどんぐりの代わりにはちみつをかごの中に入れていってくれました。

「どうぞのいす」の上で次々に動物たちが物々交換


どんぐりがはちみつに代わっても、ろばさんはまだまだお昼寝中。
そんな中「きつねさん」や「りすさん」といった動物たちが次々にやってきて「どうぞのいす」の上に置いてある食べ物を食べては、違うものに交換していきます。

動物たちがかごの中の食べ物を全部食べてしまう場面では「困ったよ」「無くなっちゃうよ」などの言葉がけから、子どもの反応を見ましょう。
「どうしよう」「ダメだなぁ」「大丈夫」など、子どもの言葉に合わせて声がけしていくと◎

次々に現れる動物たちが、椅子の上の食べ物を「ありがとう」と食べるだけでなく「あとのひとにおきのどく…」と自分たちが持っている食べ物を置いていくところがなんとも、ほのぼのと温かい気持ちにさせてくれます。
この気持ちを子どもにも感じ取ってもらえるように読み聞かせしたいですね。

PR

「どうぞのいす」の上のどんぐりが栗に成長!?


最終的にろばさんが持ってきたどんぐりは、はちみつ→パン→栗に代わっていきます。
しばらくしてろばさんが目を覚ますとビックリ!
自分が持ってきたはずのどんぐりが栗に変わっているのですから。

「どんぐりって、くりのあかちゃんだったかしら…」というろばさんの言葉は、ちょっとボケてて面白いですよね。
ですが、絵本を読んでいる子ども達もろばさんと同じ気持ちかもしれません。
「どんぐりって大きくなると栗さんになるのかな?」の質問に、どんな返事が返ってくるのか楽しみですね♪

保育士 みちよ先生

にじいろランドnote園にも投稿中!
みちよ先生の記事一覧へ

みちよ先生

オフラインのためランキングが表示できません