保育士が教える読み聞かせのコツ「どんぐりむらのどんぐりえん」作:なかやみわ (学研プラス)【絵本】

保育士が教える読み聞かせのコツ「どんぐりむらのどんぐりえん」作:なかやみわ (学研プラス)【絵本】
「どんぐりむらのどんぐりえん」
作:なかや みわ
出版社:学研プラス
2013年09月06日初版

「どんぐりむらのどんぐりえん」出版社の作品紹介
どんぐりむらのどんぐりえんの子どもたちは近頃とてもはりきっています。もうすぐ、年に一度の園行事・お店屋さん祭りがあり、家族や村のつぶたちをお客様として招待するからです。先生たちの見守る中で、のびのび育つ子どもたちの、楽しい園生活を描きます。

学研出版公式サイトより

「どんぐりむらのどんぐりえん」は、可愛いどんぐりたちが主人公の絵本です。
くうちゃん、いっちくん、にっちくん、こーたくん、あっくん。
可愛いどんぐりの子ども達がどんぐりえんに登園してきます。
園での生活が一通りつづられた絵本なので、新入の時期に合わせて読み聞かせるのもオススメです♪

かわいいどんぐり達がどんぐりむらのどんぐりえんに登園します♪

元気に先生にごあいさつ!「せんせい、おはようございます。」
お母さんと離れたくないあっくんがドアの前でぐずっています。
実際の園生活でも見られる光景です。
「〇〇くん、〇〇ちゃんみたいだね。」と声を掛けて、子ども達と場面を共有したいですね。
登園してきた子ども達は、朝の歌をうたって外遊びに出かけます。
小さな子は大きな子と手をつないで、もっと小さな子はバギーに乗って出かけます。
「みんなもお散歩大好きね!」「今日はどこまでお散歩かしら」と声かけすると、子ども達も絵本の場面に入り込みやすくなりますね。

PR

どんぐりむらのどんぐりえんの子ども達も公園が大好き!

みんなの大好きな公園に到着!砂場、滑り台、どんぐり達は楽しそうに遊びを始めます。
次の瞬間、突然強い風が吹いて「きゃー」「わぁー」の読み聞かせと共にページをめくると、次のページにはどんぐりの子ども達の楽しそうな姿が…。
ゆっくり、ゆっくり落ちてくる落ち葉で「きたかぜごっこ」楽しそうです♪

それから、落ち葉の温泉、落ち葉のプリン屋さん、クレープ屋さん、お寿司屋さんと色々なお店屋さんができあがります。
子ども達はお店屋さんごっこが大好き。
保育園の自由あそびでもお店屋さんごっこは大人気!
子ども達も「私、ケーキ屋さん」「僕、おもちゃ屋さん」とお話に参加してくれます。

どんぐりむらのどんぐりえんでおまつりやさんの準備♪

どんぐり達が園に戻ると今度はお給食の時間。
美味しいお給食を食べ終わると、「おまつりやさん」の準備が始まります。
どんぐりの子ども達が頑張って準備。
自分達の作りたいお店を大きな紙に描いていく場面では、絵本のページがとても可愛く、楽しい雰囲気満載です。
お店の名前を指差ししながら、ゆっくり広げて見たいページになっています。
どのページもほんわかとした色使いで、どんぐり達のかわいい表情に絵本を見ているだけでもほんわか気分になります。

お店屋さんごっこ当日のページも、どんぐり達のかわいい表情が目を惹きます。
雨が降り出す場面から、先生たちの「傘屋さん」登場の場面は、カラフルな傘とどんぐり達がいっぱい♪
傘を広げたどんぐり達のおしゃべりが聞こえてきそうです。
「どんなお話しているのかな?」こんな問いかけに子ども達は何と答えてくれるかな?
子ども達の反応も楽しみながら読み聞かせすると楽しいでしょう。

保育士 みちよ先生

にじいろランドnote園にも投稿中!
みちよ先生の記事一覧へ

みちよ先生

オフラインのためランキングが表示できません