ころ ころ ころ/元永定正 作・絵(福音館書店)【絵本レビュー】

ころ ころ ころ/元永定正 作・絵(福音館書店)【絵本レビュー】
「ころころころ」
作:元永定正
出版社:福音館書店

「ころ ころ ころ」とあらゆる場所や環境の中を転がっていくリズム感のある絵本。
シンプルだからこそ読み手の表現力や想像力をくすぐる作品になっています。
オリジナルのリズムに乗せながら読み聞かせすれば、子ども達も一緒になって参加しやすいのでおすすめです。

ころころころ色とりどりのいろだま達

「ころ ころ ころ」の主役は色とりどりの「いろだま」達。
子ども達も一度はボールプールなどでカラーボールに触れたことがあるのではないでしょうか?
「いろだまって何だと思う?」といった問いかけや、ボールプールで遊んだ際に「絵本で見たいろだまに似てるね!」といった話のきっかけにもなりますね。

PR

山あり嵐ありころころ転がるいろだま


いろだま達がころころ転がるのは階段やでこぼこ、山道だけでなく荒れる嵐の中までも。
それはまるで生き物が行列を作っているようです。
色とりどりのいろだま達が転がる場面はいろだま達に負けないくらい鮮やか色の地面や背景。
一色一色指差しながら「これは何色?」「あか!」などと色の名前クイズをしても面白いです。
お家にクレヨンなどがあれば、いろだまと同じ色を出して「これはきいろ、同じ色だね!」と色の名前を覚える練習をしてみるのもオススメです。

「ころ ころ ころ」リズムに乗って一緒に読んでみよう

あらすじ ころころころ、いろんな場所をころころ転がるいろだま達。
階段、坂道、でこぼこ道、どんな場所でもころころころ。
つるんとすべったすべり台。 いろだま達が最後にたどり着く終点は…?
「ころ ころ ころ」の文章はとても少ないのですが、何より印象的なのはリズム感のある「ころ ころ ころ」といったいろだま達が転がる音。
それぞれがオリジナルのリズムを付けながら読むことで、覚えやすく子ども達が参加しやすい絵本になります。
まるで歌っているように読んでみるのも良いかもしれません。
繰り返し読むことで、子どもが一緒に「ころ ころ ころ!」と参加し始めるようになるとさらにこの絵本を楽しめます。
PR

子どものうちから芸術に触れられるモダンアートの世界

作者の元永定正さんは絵本作家でもあり近代美術の画家でもありました。
「ころ ころ ころ」の独特で鮮やかな色づかいは、その感性の中から生まれた物なのではないでしょうか。
幼いころから芸術的なモダンアートの世界に触れることができるのは絵本ならでは。 子どもの感性をくすぐるおすすめの一冊です。

セイル
セイル

現在、障害を抱えた12歳の娘を持つアラフォーママ『セイル』です。
Webクリエイター&ライターをしながら、思春期に突入した我が子の育児奮闘中!
エステティシャン・アパレルショップ店員の経験と幼児食アドバイザーの資格を活かしながら、忙しくてもオシャレに生きるママ達を応援します♪

セイルの記事一覧へ

ころ ころ ころ/元永定正 作・絵(福音館書店)【絵本レビュー】
最新情報はSNSで毎日発信中!