赤ちゃんから大きくなっても楽しめる♪我が家のおすすめ読み聞かせ絵本3選

赤ちゃんから大きくなっても楽しめる♪我が家のおすすめ読み聞かせ絵本3選

絵本の読み聞かせは、親子にとって欠かせないコミュニケーションの一つですよね。
私自身も母の膝の上に座って絵本を読んでもらう時間はとても幸せだったと記憶しています。

自分が親になって我が子に絵本を読んであげようと思ったとき、どんな絵本を選ぼうか悩んでいるお父さんお母さんもいらっしゃるのではないでしょうか。
自分が子どものころに大好きだった絵本や最近の流行りの絵本など、本屋さんには膨大な数の絵本が並んでいて目移りしてしまいますよね。
そこで今回は赤ちゃんから大きくなっても楽しめる、我が家のおすすめ読み聞かせ絵本3選を紹介します。

2人目が産まれる前に読んであげたい『ちょっとだけ』

『ちょっとだけ』
作:瀧村 有子
絵:鈴木 永子
出版社:福音館書店

我が家の人気ナンバーワン絵本です。
2人目を妊娠中に「下の子が生まれる前にぜひ読んであげて」と友人にプレゼントしてもらいました。
赤ちゃんのお世話に忙しいお母さんと、今までお母さんにやってもらっていたことを1人でやってみるお姉ちゃんが描かれています。

主人公のお姉ちゃんの名前を自分の子どもの名前に読み換えて、下の子が生まれるまで何度も読み聞かせしました。
そのおかげで赤ちゃんが生まれてからの生活を子供なりに想像することができたようです。
実際に赤ちゃんが生まれてからは、絵本の主人公のようにお姉ちゃんとして頑張ってくれてとても助かりました。
この本をプレゼントしてくれた友人に感謝しています。

PR

読み聞かせの度にほっぺをペタッ『くっついた』

『くっついた』
作:三浦太郎
出版社:こぐま社

「くっついた」という言葉が出てくるたびに子どもとほっぺたをくっつけて遊びながら読みます。
子どもはこの遊びがとても楽しいようで、一度読み始めると何度も繰り返しリクエストされるお気に入りの絵本です。
読み聞かせと同時にスキンシップをはかることができるので、私もこの絵本が大好き。

最後に「おかあさんとわたしがくっついた」というフレーズがあるので、その時に子どもとほっぺたをくっつけて、ぎゅーっと抱きしめると子どもは大喜びします。
こういう遊びができるのも子どもが小さいうちだけなので、ぜひお子さんと「くっついた」して遊んでみてくださいね。

きんぎょどこどこ?一緒に探そ『きんぎょがにげた』

『きんぎょがにげた』
作:五味太郎
出版社:福音館書店

子どもが1歳前から読み始めた絵本です。「金魚はどこかな?」と子どもと一緒に金魚を探しながら読み進めていきます。
最初のうちは一緒に探していたのが、何度も絵本を読んでいるうちに子どもが一人で金魚を見つけるようになっていきます。
まだページをめくったばかりなのに、もう見つけてしまって「早く早く」と急かされることもしばしば。
そのうち金魚を指さして見つけていたのが、言葉の発達と共に「ここ!」と言うようになって、それから「〇〇のところ!」と答えるようになっていきます。
読み聞かせの回数を重ねるごとに子どもの成長を感じられる絵本です。

赤ちゃんから大きくなっても楽しめる♪我が家のおすすめ読み聞かせ絵本3選

赤ちゃんの頃に読み始めたこれらの絵本は6歳になった今でもお気に入りです。
もう自分で読めるけど、いまだに甘えて「読んで」と言うこともあります。
そんな時は喜んで膝の上に座らせて読み聞かせしています。
読み聞かせは、親にとっても幸せな時間なのです。

かんな
かんな

台湾在住の「かんな」です。
日台ハーフの小学生&幼稚園生2人のママで、中国語と日本語のバイリンガル教育に奮闘しています。
現在は台湾でpetapeta-art®アドバイザーとして手形アートの講師をしています。
自分の経験したことのない環境で成長していく子供たちにエールを送りつつ「頑張りすぎない」をモットーに異国の地で暮らしています。
 Instagram

かんなの記事一覧へ

赤ちゃんから大きくなっても楽しめる♪我が家のおすすめ読み聞かせ絵本3選
最新情報はSNSで毎日発信中!