迷った時のヒント探しに! 名づけのポイントはコレ『みんなの命名エピソード』

迷った時のヒント探しに! 名づけのポイントはコレ『みんなの命名エピソード』

出産の日を指折り数えて待っているプレママ・プレパパの皆様、赤ちゃんのお名前はお決まりでしょうか?

「決まりました! あとは出産を待つだけ」という方は、ずっと会いたかった赤ちゃんの顔を見ながら名前を呼びかける瞬間が今から楽しみですね。
でも「候補の中から検討中」「考え過ぎて候補すら決まらない!」という方もきっと多いことでしょう。
名前は赤ちゃんに贈る『初めて』&『一度きり』のプレゼントなのだから、悩んでしまうのは当然のことだと思います。

ここでは『ただ今お名前考え中!』のプレママ・プレパパさん達に向けて「ウチの子の名前はこんな感じで決めたよ!」という声を集めました。
読んでいただいて少しでも参考になれば嬉しいです。

我が家の『命名エピソード』はこうでした

PR

長女の命名までの道のり

私が『子供の名前を決める際の条件』として最初に考えたのは

  1.  前年の『名づけランキング』の10位以内に入っていない名前
  2.  『小学校6年間で習う漢字』をなるべく使用
  3.  昭和でも平成でも違和感がない名前
  4.  姓名判断においての『画数』は気にしない

…でした。

しかし「やっぱり画数は良いに越したことはないかも…」と考え直して路線変更(笑)。
初めのうちは「こだわればキリがないから…」と思っていたのですけどね。
…というワケで④を「姓名判断においての『画数』を一部考慮(将来苗字が変わる可能性を考えて『名前のみ』での画数)」 とし、最後に⑤『夫婦二人が納得した名前』を加えた『計5項目』で仕切り直しました。

ここで難しかったのはやはり⑤でした。
昼間に私が一生懸命考えて①~④をクリアした名前を、帰宅した夫が「却下」の一言と共にふりだしに戻してしまうのですから(苦笑)。
(ちなみに夫が反対した理由は「しっくりこない」や「昔クラスにいた嫌いだった女子と同じ名前」などです)

そんな日がしばらく続きましたが、妊娠9か月頃に突如『夫が反対しなかった』ということで長女の名前が決定!
「○○はどう?」「あ、それいいんじゃない」と驚くほどあっさり決まった瞬間でした。

次女の命名までの道のり

長女の名前の『止め字』は『美』です。
二人目が女の子と判った時から「『止め字』をそろえよう」と決めました。

ところがどの『○美』も夫にとってはしっくりこないようで…。

手詰まり感が強まった時、夫が「『美』の意味を持っている漢字を探してみよう」と提案してきました。
そこで見つけたのは『玲』という漢字。
この文字には『透き通るように美しい様子』という意味を持っています。

この漢字と別の『止め字』合わせたものが次女の名前です。
なんとも分かりづらい『そろえ方』ですが、私達夫婦が分かっていれば別にいいかなと思っています。
そして次女の時も名前部分のみの『画数』を姓名判断の本で確認。
ただしこの『玲』は小学校どころか中学校でも習わない漢字なのですけどね(笑)

PR

みんなの『命名エピソード』はどうだった?

迷った時のヒント探しに! 名づけのポイントはコレ『みんなの命名エピソード』

「他のみんなはどんな風に名前をつけたのかな?」
…ということで仲の良いママ友さん達に『名づけ』についてLINEで質問。
更に他のママ友さん達と過去に話した内容を思い出しながらエピソードをまとめてみました。

PR

『響き』で決めた後に漢字探し

  • 同年代のお友達や祖父母世代にも『呼びやすい』名前を探した。
    その後は『画数』を考えながら漢字を決定。
  • 『響き』も『漢字』も決めていたけど、『画数』が良くなかったので漢字だけ変更。
    最初の漢字…本当はこだわっていたんだけどな。

姓名判断を重視

  • 私も夫も画数にこだわりがあった。
    将来上手くいかないことがあった時に『画数が悪いからだ…』と思わないように『完璧な画数』にしたかった。
    だからネットで探した姓名判断の専門家に料金を払って名前を付けてもらったよ。

漢字に意味をこめて

  • 漢字二文字に『こんな子になってほしい』と意味を込めたから、画数は全く調べていない。

憧れの人物から…

  • 夫の強い希望で漫画の登場人物からそのまま名前をもらった。
    『何があっても仲間を裏切らない正義感の強さ』に昔から憧れていたみたい。
  • 上の子がお世話になった小児科の先生の名前をもらいました。
    珍しい名前なので、分かる人には分かります(笑)。

その他にも…

  • 苗字が三文字なので、兄妹共に一文字の名前で検討したよ。
  • 男の子でも女の子でもおかしくない『中性的』な名前を付けようと思った。
    これからの時代を考えて…。

みなさん、色々『こだわりポイント』があるようですね。

幸せは名前と共に『命名』の大切さ

『みんなの名づけエピソード』を紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
名づけのこだわり方は十人十色ですが「この名前と共に、幸せな人生を歩んでほしい」という気持ちは一緒です。
そしてお子さんが成長した時に「あなたの名前はこんな風に決めたんだよ」と当時の事を教えてあげれば、それはもう一つの素敵なプレゼントとなることでしょう。

ご安産と共に素敵なお名前が決まることを心からお祈りしております。

迷った時のヒント探しに! 名づけのポイントはコレ『みんなの命名エピソード』
最新情報はSNSで毎日発信中!