ハンカチ1枚でカンタンにお箸ケースをハンドメイド!子供用品を作ってみよう♪

ハンカチ1枚でカンタンに箸袋をハンドメイド!子供用品を作ってみよう♪

練習箸のケースがない!

私の暮らす台湾は比較的日本の物が手に入りやすいのですが、それでもたまに「日本では当たり前に売っている〇〇がない!」ということがあります。
子どもの幼稚園入園グッズの準備に際して困ったのが、練習箸のケースがないということ。
練習箸は売っていても、ケース入りのものが売っていないのです。
ビニール袋に入れて持たせようかとも思いましたが、なんだかエコじゃないですよね。
ないなら身近なもので代用するか、自分で作るしかありません。
海外で暮らしているとサバイバル能力(?)が上がります。
そこで、今回はハンカチや余り布でできる簡単お箸ケースの作り方を紹介します。

簡単お箸ケース作りに必要なもの

  •  布 約40㎝四方 (ハンカチや余り布などでOK)
  •  ゴム
  •  脚付きボタン 1個
    ※脚付きボタンとは、写真のようにボタンの裏に糸を通すための穴が付いているもの
    ハンカチ1枚でカンタンに箸袋をハンドメイド!子供用品を作ってみよう♪
PR

簡単お箸ケースの作り方

① 布を中表にして三角に折る。

② 返し口を5㎝あけて、端を縫う。
※返し口は辺の途中に作る。辺の端(三角の角)に返し口を作ると③で縫いづらいので注意。
ハンカチ1枚でカンタンに箸袋をハンドメイド!子供用品を作ってみよう♪③ 布を表に返してアイロンをあて、返し口をまつり縫いする。
※まつり縫いが面倒な場合は、表からミシンで縫ってもOK。

④ 両端を折って幅を決めたらアイロンをあてる。
※幅には少し余裕を持たせる。
※左右どちらが上になってもOK。
ハンカチ1枚でカンタンに箸袋をハンドメイド!子供用品を作ってみよう♪⑤ 底を縫う。
※写真のように頂点が底辺の真ん中にくるように気を付ける。
ハンカチ1枚でカンタンに箸袋をハンドメイド!子供用品を作ってみよう♪⑥ 表に返す。
※⑤で縫った底の部分はお箸ケースの内側になります。

⑦ 頂点の表側にボタンをつける。
※最後にゴムを引っ掛けるので、ボタンは大きめがおススメ。

⑧ ボタンの穴にゴムを通して、お箸ケースを一周できる長さで結ぶ。
※ゴムが太くて通らない場合は、お箸ケースの内側に縫い付ける。
ハンカチ1枚でカンタンに箸袋をハンドメイド!子供用品を作ってみよう♪⑨ ゴムをお箸ケースにぐるっと一周させてボタンに引っ掛けて完成。
ハンカチ1枚でカンタンに箸袋をハンドメイド!子供用品を作ってみよう♪

お箸ケースは洗い替えに2~3枚用意しておこう

使用済みのお箸ケースはしっかり汚れが落ちるように、必ず裏返してから洗いましょう。
我が家はお弁当袋などと一緒に洗濯機で洗っています。
お箸ケースは毎日使うもの。所要時間約10分ととても簡単に作れるので、洗い替えにまとめて2~3枚作っておくと便利ですよ。

PR

エコにもつながる布製お箸ケース

今回はちょうど下の子の入園グッズを作っているときに、上の子の市販のお箸ケースがひび割れてきていることに気づいて、上の子のお箸ケースもついでに作りました。
中のお箸とスプーンはまだ使えるのに、ケースが割れているからと買い替えるのはもったいないですからね。
上記は子どもの練習箸のケースの作り方として紹介しましたが、作り方④で幅を調整すれば赤ちゃんの離乳食用スプーンを入れたり大人のお箸を入れたり、色々なサイズで作ることができます。
エコにもつながる簡単お箸ケース、ぜひ作ってみてくださいね。

かんな
かんな

台湾在住の「かんな」です。
日台ハーフの小学生&幼稚園生2人のママで、中国語と日本語のバイリンガル教育に奮闘しています。
現在は台湾でpetapeta-art®アドバイザーとして手形アートの講師をしています。
自分の経験したことのない環境で成長していく子供たちにエールを送りつつ「頑張りすぎない」をモットーに異国の地で暮らしています。
 Instagram

かんなの記事一覧へ

ハンカチ1枚でカンタンに箸袋をハンドメイド!子供用品を作ってみよう♪
最新情報はSNSで毎日発信中!