控室から面接は始まっている!?プレ幼稚園を受けた我が家の面接体験談

幼稚園選びを後悔しないための考え方「 私達がこの幼稚園に決めたワケ」

幼稚園選びは子育てをする上で大事な選択の一つ。
我が家も園選びはかなり悩みました。
園は自分で足を運び、見学をしないとわからないですよね。
その中で我が家は自宅との距離が近く、先生の指導が一番熱心だと感じた仏教系のプレ幼稚園を受けることに…。
そんな我が家の体験談をご紹介します。

前例のない面接で選んだ我が家の服装は…

プレ幼稚園はその年から面接が始まったため、情報がなく困りました。
平日の面接なので、主人は休みが取れず、私と娘のみの面接。
私は、薄ピンクのワンピースにノーカラーのネイビーのジャケット、娘はブルーの襟付きワンピースに白の靴下の装いにしました。
お受験ではないので家にある服で十分だろうと思い、家にある一番きちんと見える服を選択。
しかし実際参加されているご家族は、お受験スーツのようにきっちり揃えているご家族が目立ちました。
カジュアルな装いのご家族もいたのですが、お受験のような装いのご家族を見かけると、自分の服装に不安を感じることに…。
何も情報がない分、皆さん迷われたのだと思います。
園の雰囲気にもよりますが、服装に迷われたらきちんとしたスーツを選択する方が安心かもしれません。

PR

面接で見られているのは子どもじゃなくて親の反応!?

面接では園の先生方の前に、娘と隣同士で着席しました。
当時娘はまだ1歳10か月。
一人で着席してじっとしてくれるのか不安でしたが、なんとか我慢してくれました。
着席後すぐに「お名前は?」と娘に聞かれましたが答えられず私が代弁…。
「2歳前の子に聞かなくても…」と思った私でしたが、後から「子どもの様子ではなく親の反応をみているのだろう」と友人ママから聞かされました。
「名前を無理やり言わせようとしているか、子供の様子を見守っているか 」ということなのかもしれません。
その後の質問の内容は「この園を選んだ理由」と「育児において気を付けていること」。
事前になんとなくは想定していた答えだったので緊張の中なんとか答えた私…。
家族の間で教育方針や志望理由などは考えておいた方がいいと思いました。

面接は控室から始まっている!

初めての面接。
緊張のあまり着席できない、泣きだしてしまう…など子どものトラブルは多いですが、そのあたりは気にしなくて大丈夫だと思います。
基本的にプレ幼稚園の場合は、子供を見ているというより、親を見ているのかも。
(抱っこひもで抱っこした状態で面接を受けて受かったという友人家族もいたくらい)

気になったのは控室で待機中の様子。
お子さんに携帯でゲームをさせている親御さんや、着席していた椅子を机の下に戻さないご家族も…。
控室にも先生方はおられるので、控室での過ごし方も気を付けた方がいいかもしれません。

あくまでも我が家の体験談ですので、プレ幼稚園の面接を受けられるご家族の参考程度になればと思います。
園によって倍率や方針も違いますので、園の情報を得ることが一番大切。
情報を得て、後悔のないように臨めるといいですね。
PR