洗面台遊びを取り入れて子どもと楽しく手洗い習慣を身につけよう!

洗面台遊びを取り入れて子どもと楽しく手洗い習慣を身につけよう!

小さな子どもは好奇心旺盛で、あちこちベタベタ触りますよね。
泥やホコリ、そしてウイルスで汚れちゃった可愛いおてて、どうしていますか?

正直に白状します。
実は、我が家には手洗い習慣がほとんどありませんでした。
泥や土がついていればウエットティッシュで拭きとる程度。
その後、アルコール消毒をして終わりでした。

ですが、新型コロナウイルスが流行ってアルコールが入手しづらくなり、一念発起!手洗い習慣を身につけてもらう事に。
5歳のお兄ちゃんは、幼稚園の指導のおかげですぐに手洗い習慣が身につきました。
ホント、幼稚園の先生たちは神です。頭があがりません。いつもありがとう。

一方…やはり手こずったのは2歳の次男坊。
イヤイヤ期に突入しかけた彼が、すんなり手洗いに応じてくれるはずがなかったのです。
毎回大泣きして暴れる彼を無理やり洗面台に連れて行っていました。
しかし、これでは手洗いが嫌いになってしまう…。それだけは避けたい。

そこで、いっそ洗面台で遊ばせながらこっそり手を洗う事にしました。
そんな訳で、我が家で取り入れた洗面台遊びをご紹介しますね。

「お人形のお風呂ごっこ」でこっそり手洗い

洗面台遊びを取り入れて子どもと楽しく手洗い習慣を身につけよう!

水に濡れてもいいお人形を一つ準備します。
「あ、お人形さん、お風呂に入りたいって」と言って洗面台に誘導。
手に泡をたっぷりのせて、お人形さんを洗わせます。
「わーい、気持ちいい、ありがとう」「今度はじゃぶじゃぶ流してほしいな」
なんて声をかけると喜びます。
もちろん、熱中している隙をついて子どもの手も洗っちゃいましょう。

PR

お手伝いしながら手洗い「洗面台のお掃除ごっこ」

洗面台と子どもの手、両方キレイになるお得な方法です。
やり方は簡単!洗面ボウルを掃除してもらうだけ!
『お手伝い』というキーワードに弱いうちの2歳さん(頼まれると断れないタイプ)。
「洗面台を洗うお手伝いをしてくれる人はいますかー?」と言えば、まんまとドヤ顔でやってきます。
もちろん使うのは掃除用の洗剤ではなく、あわあわのハンドソープ。
洗面台にぬりぬりぬり…これがなかなか楽しいようで、かなり集中してやってくれます。
もちろんここでも、熱中している隙をついて子どもの手を洗っちゃいましょう。

子どもも満足手洗い「ハンドマッサージ屋さんごっこ」

洗面台遊びを取り入れて子どもと楽しく手洗い習慣を身につけよう!

子どもって、お店やさんごっこが好きですよね。そこで思いついたのがコレです。
「いらっしゃいませ〜、あわあわのハンドマッサージいかがですか〜」
「本日、特別に泡2倍ですよ〜」
なんて言えば、彼はノコノコやってきます。
そこからは、もう普通に手を洗うだけ!
ただし、「気持ち良いですか〜?」「かゆい所はございませんか〜」「あ〜、こってますね〜、お疲れですか〜?」など、美容師さんバリに話しかけます。
最後に「本日は特別サービスで、おててを拭かせていただきますね」と言って終わり。
「ありがとうございました、またのお越しをお待ちしておりますぅ」と言うと、分かっているんだかいないんだか、満足そうに去って行くから不思議です。

手を変え品を変え、こんな遊びをしているうちに手洗い習慣は身につきました。
今では「おててを洗うよ」と言うと、ほとんど素直に洗面台に行ってくれます。
行ってくれない時もあるけど。でもそんな時は、洗面台遊びにお誘いすればOK。
どんな方法であれ、手が洗えればいいんです!

withコロナの新しい時代では、手洗いは絶対に身につけなくてはならない習慣です。
でも、どうせやるなら、子どもと一緒に笑いながら楽しくできたらいいですよね。
ぜひ、皆さんも試してみてください。

あるく
あるく

初めまして、あるくと申します。
2歳と5歳のわんぱくすぎる男子たちに毎日振り回されています。
「健康で幸せなら、それで充分!」がモットーの、ちょっぴりズボラな主婦です。
がんばりすぎない育児&家事を目指して、時短ワザや裏ワザなんかをあれこれ試行錯誤中。
そんな経験を活かして、同じように頑張っているパパママさん達の毎日が、ちょっとでも楽しくなるような記事が書ければいいな…、と思っています♪

あるくの記事一覧へ

洗面台遊びを取り入れて子どもと楽しく手洗い習慣を身につけよう!
最新情報はSNSで毎日発信中!