暑い夏!赤ちゃんを守るために必要な夏の服装とは?

暑い夏!赤ちゃんを守るために必要な夏の服装とは?

近年の夏の暑さは大人にとっても厳しいものです。赤ちゃんにとってはなおさら。
赤ちゃんの小さな体には大人と同じ数の汗腺があります。
どうりでたくさん汗をかくわけですね。
赤ちゃんのお肌はデリケートなので、汗をかいたまま放っておくと汗疹などの肌トラブルの原因になってしまいます。
汗をかいたらこまめに着替えさせてあげましょう。
赤ちゃんが快適に過ごすためには、どんな服装を選んであげればいいのでしょうか?

夏の新生児にはガーゼやメッシュ生地がオススメ

我が家の子どもたちは夏生まれ。
新生児からねんねの時期、自宅では肌着とおむつで過ごすことが多かったです。
この時期の赤ちゃんはまだ寝返りも打てず、仰向けに寝て過ごすことがほとんど。
部屋を涼しくしているのに、背中が汗でぐっしょりなんていうことも。
そこで、吸水性・通気性に優れたガーゼやメッシュなどの肌着を着せてあげましょう。
この時期はまだ首がしっかりすわっていないので、頭からかぶるタイプよりも前開きタイプの方が着替えさせやすくてお勧めです。

ガーゼ・・・柔らかく肌触りがいい、吸水性・通気性に優れている。
メッシュ・・・表面に凹凸があるのでさらっとした肌触り、吸水性・通気性に優れている。
PR

夏のお出かけには汗取りパッドを活用

赤ちゃんの首がすわってきたら、徐々にお出かけの機会が増えてくると思います。
外出時はベビーカーの背中の部分にひんやりシートを敷いてあげるといいですよ。
それでも汗はかいてしまうので、外出時は着替えを持っていくことをお忘れなく。
しかし、外出先で赤ちゃんの着替えをするのは大変ですよね。
そんな時は、赤ちゃんの背中と洋服の間に汗取りパッドを入れておくことをお勧めします。

暑い夏!赤ちゃんを守るために必要な夏の服装とは?

洋服を着たまま汗取りパッドだけを取り換えればいいので、とても便利ですよ。
汗取りパッドは市販のものもありますし、ガーゼで簡単に手作りすることもできます。
ガーゼのタオルで代用も可能。
うちの下の子はとても汗っかきなので、夏の外出時は汗取りパッドをたくさん持ち歩いてこまめに取り換えていました。

エアコン対策には薄手の上着を一枚

そして、夏に忘れてはいけないのがエアコン対策。
自宅なら自由に部屋の温度調節ができますが、外出先ではそうもいきません。
洋服が汗で濡れている場合、そのままでは赤ちゃんが風邪をひいてしまうので、必ず着替えさせてあげましょう。
赤ちゃんは大人のようにうまく体温調節ができないので、エアコンが効きすぎている時には薄手の上着を着せたり、ガーゼのブランケットなどをかけてあげてくださいね。

暑い夏!赤ちゃんを守るために必要な夏の服装とは?

赤ちゃんは「暑い」「寒い」と言葉で教えてくれる訳ではありません。
赤ちゃんが暑いか寒いかを判断するポイントは、お腹と背中。
お腹や背中を触ってみて、汗ばんでいるかひんやりしているかで判断します。
さっきまで汗ばんでいたのに、今度はひんやり冷たいなんていうこともあるので、こまめに確認してあげましょう。
夏の赤ちゃんの服装選びは、暑さ対策、肌トラブル対策、エアコン対策と考えることがたくさん。
赤ちゃんが快適に過ごせるように参考にしてみてくださいね。

かんな
かんな

台湾在住の「かんな」です。
日台ハーフの小学生&幼稚園生2人のママで、中国語と日本語のバイリンガル教育に奮闘しています。
現在は台湾でpetapeta-art®アドバイザーとして手形アートの講師をしています。
自分の経験したことのない環境で成長していく子供たちにエールを送りつつ「頑張りすぎない」をモットーに異国の地で暮らしています。
 Instagram

かんなの記事一覧へ

暑い夏!赤ちゃんを守るために必要な夏の服装とは?
最新情報はSNSで毎日発信中!