2歳の息子と初めてのクッキー作り!料理に興味を持ってお手伝いしてくれるキッカケに

2歳の息子と初めてのクッキー作り!料理に興味を持ってお手伝いしてくれるキッカケに

雨や暑さで外で遊びに行けない時、子供と一緒にキッチンに立つのはいかがでしょうか。
料理は子供にたくさんの刺激を与えます。

触覚…食材や生地。その柔らかさ、固さや温度。
聴覚…フライパンでジュージュー焼く音、鍋でグツグツ煮る音。
嗅覚…食材が焼ける時などの、調理中の良い匂い。
視覚…食材を調理する前と後の色の変化、野菜の彩り、野菜の切り口など。
味覚…これは言うまでもないですね。

それだけじゃなく、お母さんやお父さんがいつもキッチンでどんなことをしているのか知る機会になりますし、自分でこんなものが作れたという自信にもつながり、親子の絆もより深まるような気がします。
洗う、切る、混ぜる、焼く、ゆでる、盛り付けるなど、子供にとってはリアルおままごと。
キッチンが汚れる前提にはなりますが、とても素敵な経験になりますし、そのあとも食材や料理に興味を持つきっかけに。
もしかしたら将来「今日の夜ごはん作っておくね!」なんて言ってくれる、頼もしいお子さんに成長するかもしれませんよ。
包丁でのケガや火傷には細心の注意をはらって、安全に楽しく親子クッキングしてみてください。

我が家の初めては簡単クッキー作り

私は息子が2歳3か月のときに初めて親子クッキングをしました。
最初は包丁やコンロをつかわずに、簡単にできるものがいいなと思って【クッキー】を作ることに。
普段お菓子作りなんて全くしないので、まずは自分に合いそうなレシピを探すことから始まります。
その結果、行きついた私流のズボラレシピと息子の様子をまとめました。

2歳の息子と初めてのクッキー作り!料理に興味を持ってお手伝いしてくれるキッカケに

PR

我が家流クッキーのレシピ

薄力粉   120g
砂糖    大さじ3
溶き卵   大さじ2
無塩バター 30g
  1. レンジでバターを少し溶かす。
    固かったバターが溶けて、いい香りもして不思議そうな息子でした。
  2. 砂糖加える→混ぜる→卵加える→混ぜる→薄力粉加える→混ぜる。
  3. 手でこねて生地をのばす。
    (均一な厚みに…ならなくても適当でなんとかなります)
  4. 子供たちみんな大好きな型抜き☆
    100均でいろんな形のものが売っています。
  5. 天板に並べて170度で19分焼いたら完成!
    焼いてる時間もどんどんいい香りがしてきて息子も大興奮。

硬めでさくさくした食感のクッキーです。

自分で初めて作ったクッキーに大満足!

2歳の息子と初めてのクッキー作り!料理に興味を持ってお手伝いしてくれるキッカケに

初めて自分で作ったクッキー。
どんな味がするのかわくわくドキドキしてるのが伝わってきて可愛かったです。
食べた最初の一言はやっぱり「おいし~い!!」でした♪
できたてのあったかいクッキーの味わえるのも、手作りの醍醐味ですね。
料理に興味を持ってくれるといいなと思っていたので、「すごいね~!美味しいね~!!ママより上手だよ!!」と褒めちぎり、息子も得意げな様子でした。

PR

クッキー作りをきっかけに夜ご飯のお手伝いをするように

その後も外で遊べなくて暇な時に、簡単なお菓子(ゼリー、プリン、クレープなど)を作るようになりました。
数が分かるようになってきたら、いくつに分ければ全員に行き渡るかといった、やりとり次第で頭を使うよう工夫もできます。

もうすぐ4歳になる今では、私が夜ご飯を作っていると「なにつくってるの?」「味見したい」「一緒につくりたい」と声をかけてきます。
テレビに夢中になってこっちが「ごはんできたよ!」と言っても見向きもされない日もありますが…。

息子が自ら「手伝う」と言ってきたときは、なるべく断らないようにしています。
野菜を洗ったり、切ったり、炒めたり、味見してもらうだけでもOK。
何かしら子供にできることはあります。
「なんでお肉の色が変わるの?」なんて、難しい質問をされる時もあって、こっちも勉強になります。

できることが増えて、新しい疑問が出てくる様子に、成長しているな~と感じる親子クッキングです。
みなさまもぜひ試してみてください!

PR
Oisix(おいしっくす)
2歳の息子と初めてのクッキー作り!料理に興味を持ってお手伝いしてくれるキッカケに
最新情報はSNSで毎日発信中!