手が止まらない…!ちぎって混ぜてチンするだけでサックサク「パンの耳ラスク」

手が止まらない…!ちぎって混ぜてチンするだけでサックサク「パンの耳ラスク」

子どもって、パンの耳を食べないですよね。
あの小さな歯と未発達の顎では、硬くて弾力のあるパンの耳を食べるのはひと苦労のようです。
私自身も、子どもの頃は苦手で残していたのを覚えています。
でも食パン1袋分の耳って、けっこうな量になるんですよね。
捨てるのはもったいないけれど、余った耳だけをモソモソと食べるのも悲しい。

そんな時はコレ。大人も子どもも大喜びの「パンの耳ラスク(ガーリックソルト味)」を作っちゃいましょう。
ちぎって、混ぜて、チンするだけの簡単3ステップですぐに完成します。
洗い物はお皿だけ、包丁も火も使いません。
もう逆に、作らない理由が見つからなくないですか!?

パンの耳ラスク(ガーリックソルト味)の材料

手が止まらない…!ちぎって混ぜてチンするだけでサックサク「パンの耳ラスク」
材料
・食パンの耳(8枚切り4枚分)
・オリーブオイル 大さじ1/2
・にんにくチューブ 約3㎝
・塩 適量
※にんにくチューブはなくてもOKです。
PR

パンの耳ラスク(ガーリックソルト味)の作り方

STEP1
食パンの耳を一口サイズにちぎり、耐熱容器に入れていきます。
我が家は2歳の子にあわせて2㎝くらいの大きさにしています。

手が止まらない…!ちぎって混ぜてチンするだけでサックサク「パンの耳ラスク」

STEP2
オリーブオイルとにんにくチューブをかけて、ザックリと混ぜます。
我が家では洗い物を増やしたくないので、手でザクザク混ぜちゃいます。
オイルで手がベタつくのが気になる方は、スプーンや菜箸をお使いください。
ムラがあってもOK。10回くらいかき混ぜれば十分です。

手が止まらない…!ちぎって混ぜてチンするだけでサックサク「パンの耳ラスク」

STEP3
パンの耳同士が重ならないよう平らに並べて電子レンジに入れ、700wで1分半温めます。
扉をあけて、パンの耳の位置を変えるように軽く混ぜながら様子を見ます。
味見をして、柔らかかったり噛み溜まりができるようであれば追加で30秒ずつ加熱してください。
「サクッ」とした食感になったらOK。
仕上げにお好みの量の塩をかけて完成です。

手が止まらない…!ちぎって混ぜてチンするだけでサックサク「パンの耳ラスク」

お使いのレンジによって暖め時間に誤差が生じます。
様子をみながら焦げ臭くなったらストップしてください。

パン耳ラスクは冷凍保存OK!解凍も不要!

手が止まらない…!ちぎって混ぜてチンするだけでサックサク「パンの耳ラスク」

あつあつのできたても香ばしくて美味しいですが、冷めるとサクサク感がアップします。
タッパーなどに移せば冷凍保存もできるので、大量に作ってストックしておくこともできますよ。
食べるときは、解凍不要!冷凍庫から取り出してそのまま食べられます。

クリームチーズやパテを添えれば、ビールやワインにもピッタリのおつまみにも大変身。
にんにくチューブを抜けば、シュガーラスクやハニーラスクなどのアレンジレシピも簡単に作れます。

手が止まらない…!ちぎって混ぜてチンするだけでサックサク「パンの耳ラスク」

我が家は、このラスクを出すと子どもたち+旦那で取り合って食べています。
自分たちが残したパンの耳を、今度は奪い合って食べている姿をみて「勝った…」と謎の優越感にひたっています。
もう、「パンの耳が余って困った」とは言わせません。
是非、一度試してみてくださいね。

あるく
あるく

初めまして、あるくと申します。
2歳と5歳のわんぱくすぎる男子たちに毎日振り回されています。
「健康で幸せなら、それで充分!」がモットーの、ちょっぴりズボラな主婦です。
がんばりすぎない育児&家事を目指して、時短ワザや裏ワザなんかをあれこれ試行錯誤中。
そんな経験を活かして、同じように頑張っているパパママさん達の毎日が、ちょっとでも楽しくなるような記事が書ければいいな…、と思っています♪

あるくの記事一覧へ

Oisix(おいしっくす)
手が止まらない…!ちぎって混ぜてチンするだけでサックサク「パンの耳ラスク」
最新情報はSNSで毎日発信中!